気まぐれオヤジのブログ 「つれづれなるままに」

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
バングラデシュ 14:17
イタリアローマのテルミニ駅から地下鉄でスペイン広場に行った時の事。帰りの切符を買おうとしたところ小銭がなく困っていたら、アジア系の若者2人が近寄ってきて、どうしたの?といった感じで話しかけてきた。イタリアは観光客への暴力的な犯罪はあまりないがスリが多く、特に地下鉄はかなりやばい。

身構えていると、察したのか細かいお金をどうぞって出して去って行こうとしたので、紙幣を出してこれでと言うと、いらないと笑顔で言われた。どこから来たのって尋ねたらバングラデシュからと言ってチヤオって去って行った。

話は変わるが先日テレビで今話題のミドリ虫のユーグレナの出雲社長が出ていた、東大出身のこの若い経営者はかなりユニークで頑張り屋で純粋な人間味のある人に感じた。

世界の飢餓状態に陥っている国はかなりあって、当然ながら栄養失調に陥っている。
世界の最貧国の一つが東アジアのバングラデシュだという事は不覚にもこの番組で知った。日本と同じ位の人口の内80%以上が貧困だという。

この出雲社長がバングラデシュの現状をみて、このみどり虫でこれらの人を救いたいと考えようやく量産に成功して、今100万人が飢餓状態と言われる子供たちに栄養価いっぱいのミドリ虫ビスケットを送り続けている。

この人のすごいと感じたのは、早くもこのミドリ虫の競合会社が出てきているのを意に介さないと言っているのと、ある程度の段階で国連やそれぞれの国がミドリ虫を媒体にして多くの人達を救ってもらいたいと考えていると聞いて、久々にこのオヤジ感動。
某東大出身の人にもこんなまともな人いるんだな(笑)。
ただミドリ虫の食品をまだ一度も食していない、虫ではないのだがネーミングがね。

そういえばイタリアで出会ったバングラデシュ人は出稼ぎに来てたのだろうか?
月収が1万円台の彼らにとって500円のお金は大金だったろうに、今になって複雑な気持ちでいる。
Xmasも近いせいか、このオヤジ慈悲という言葉に心が動かされている。
クリスマスディナーの予約も早いペースで頂いている。頑張ろう!!



お得意様の小泉様から今年も素敵なハンギングとリーフが届いた、有難うございます。






 
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by おやじ -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.italitei.com/trackback/1122389
<< NEW | TOP | OLD>>