気まぐれオヤジのブログ 「つれづれなるままに」

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
コーセー化粧品とマッサンとDNA 09:15
別に化粧品会社の宣伝ではないが少しだけ自分に関連があるので書いてみようと思う。

仕事柄早起きはきついがNHKのマッサンを連日見ている、本来日本の文化とはかけ離れた物に人生を賭けた物語に時には涙を流す自分がいて、これからの展開を楽しみにしている。

化粧品の話に戻すと自分の母の父親の弟、私にとって大叔父の小林孝三郎がマッサンと同じように当時化粧品とは無縁に近かった日本で化粧品会社を立ち上げたのがコーセー化粧品だ。

自分が小学生の頃はすでに日本橋に本社を構える企業になっていた、孝三郎にとって姪にあたる母を可愛がってくれていて、母に連れられてよく日本橋の本社に行ったことを思い出す。

小林コーセーからコーセー化粧品そしてロゴもKOSEになったが、大企業で創業者一族が今も受け継がれているのは最近では珍しい事かもしれない。

マッサンが試行錯誤の末今日に至ったように東京の北区から創業した我が大祖父も順風満帆ではなかったと思うが、世界でも通用する会社になったことは若干のDNAを受けついている自分にとっても誇りに思う。

政財界のパーティーに母親もよく呼ばれていて、家に帰って来るとホテルで出た料理を確かこんな感じと大正元年生まれの母が感覚でホワイトソースや出された料理にチャレンジしていた。母親は親戚の中でも料理名人としてと一目置かれていた。

日本の料理人が、いやほかの分野でも世界で活躍しているのは、
何百年もつちかってきた日本人独自の感性や感覚がDNAとして脈々と受け継がれてきたのが大きな要素の一つだと思う。ただ良性のDNAだけではないのが難しいところではあるけど。

出来ればこれからの若い人たちにしっかり日本人の良性のDNAが受け継がれていけばいいなと考えている、ちょっと真面目なオヤジでした。



年明けから木枯らしの中200本近い薔薇の剪定と肥料やりに気合が入っている我が薔薇師
5月には庭が薔薇で埋め尽くされるだろう。ずーっと元気でいてくれ‼



天池里佳様の誕生日、バングラデシュの里親になって女の子が成人になるまで金銭援助をなさっている。成長が楽しみとおっしゃっている素敵なお話だ。



坂井様のお嬢さんえみるちゃんの合格祝い、理科大の家庭教師の先生と。おめでとうございます。


    穂永様長島様ご結婚おめでとうございます、お幸せに。


大沢様ご婚約のご両家のお食事会、美男美女のカップルです、おめでとうございます。












 
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by おやじ -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.italitei.com/trackback/1122393
<< NEW | TOP | OLD>>